通信制高校の特徴と通う場合の学費について

就学支援金は金銭的に余裕がなければ積極的に活用したい

通信制高校は、正式名を高等学校通信教育といいます就学支援金は金銭的に余裕がなければ積極的に活用したい定時制高校は年約12万円ほどの学費ですから、これと比べると4分の1

ただしこれは自宅学習を中心としたコースの場合で、通学ならそれぞれ50万円〜100万円以上、30万円〜100万円ほど掛かります。
就学支援金は保護者の所得に応じて、受けることができるか否かが決まります。
学費の節約には欠かせない制度ですから、金銭的に余裕がなければ積極的に活用したいところです。
しかし、就学支援金を利用しても私立を選べばあまり負担が軽減されないので、家庭の経済的な理由で通信制高校を選ぶ人はほぼ公立一択となります。
公立と私立では文字通り桁が違いますから、3年で卒業することができるとしても、家計に大きく影響するのは間違いないです。
ただ、私立に通ったり卒業したい理由があって、働きながら学ぶ予定であれば、学費が高額になりがちな私立も視野に入るでしょう。
それでも通学コースは負担が大きく、仕事との両立を難しくしますから、現実的には自宅学習コースが有力候補となります。
公立通信制高校の費用の内訳は、入学料が500円ほどで授業料は単位あたりの単価と単位数、その他教材費やレポート提出の費用です。
公立の授業料単価は約400円くらいですから、年間25単位を履修するとして、合計1万円ほどに収まる計算です。
教材費は実習に関するもので、科目や内容によって違いますから、一概にいくらと金額を出すのは困難です。
レポートの郵送費は第四種郵便扱いなので、100gまでなら1通あたり15円で送ることができます。

通信制高校の学費を稼ぐためにホストをしていた。
代理人の松丸正弁護士「飲酒を伴うサービス業で働く人が酔った末に起きたトラブルでも、自己責任ではなく労災になるということを示した判決だ。
救済が広がる余地ができた」
飲酒労災認定:朝日新聞デジタル https://t.co/clFZBifat1

— 弁護士 亀石倫子 (@MichikoKameishi) 2019年5月29日